【エロマンガ先生】7話感想。ムラマサ先輩、ちょろいなんてもんじゃなかった