あだち充『タッチ』30年越しで描く甲子園決勝戦“幻のシーン”