『ゲーム史に残るキャッチコピー』といえば